safety and security

Theme :

安全安心の担保

レジリエントな社会、
ウェルビーイングな暮らし

超情報化社会におけるネットベネフィットを最大化

AIやIoT技術の進展は、これまで以上にきめ細やかなデータを大量収集して分析、活用することを可能にします。例えば、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、個人の行動履歴等を国が把握・監視するような動きも見られています。これは感染症拡大を防ぐ社会の安全に貢献する一方、個人の自由と権利の侵害にもつながりかねません。現実と仮想空間が融合する未来社会において、デジタル化の恩恵を最大限に引き出しつつ、サイバー被害や監視社会、個人情報の寡占化などの弊害をいかに回避するかが重要です。

災害や感染症と共生するレジリエントな社会へ

どんなに技術が発達しても、自然をコントロールすることはできません。災害や感染症の発生などを完全に防ぐことは不可能です。しかし、先進技術の活用や一人一人の行動変容により、被害を最小化することは可能です。高度な予測と予防により適切な事前準備を行い、発生時に人命や社会・経済活動が損なわれることのない「レジリエントな社会」を実現することで、災害や感染症との共生を図っていくことが必要になります。

Content Updates

研究のアップデート

「個人の自由と安全安心が両立する社会」の実現に向けて、MRIではKeyとなる技術や仕組みについて検討しています。

仮想空間の信頼を形成するトラストフレームワーク

現実と仮想空間の融合が深化し、仮想空間が社会・経済活動の重要な基盤となる未来で「安心」を担保するためには「信頼の形成」が不可欠です。データの利活用による利便性を追求しつつ、情報の真正性、仮想空間における人と組織の正当性、技術やAIに対する信頼性などを担保する「トラストフレームワークの整備」に向けて検討を行っていきます。

個人にカスタマイズした危機対応

センシング技術やAI、情報通信技術の発展により、従来のマス形対応から「個人の住む場所・行動範囲・パターンに応じた最適な防災・災害回避」などが可能となります。同時に、行動選択の自由を残し、必要以上の強制力がなくても、多くの人々が適切な判断で「危機回避の対応」を取れること。そのための情報提供やインセンティブ、ナッジ理論による行動変容について具体的な方策も検討していきます。

平時と緊急時のモードチェンジ

災害や感染症による社会的・経済的な損失を最小化するには、平時でも緊急時でも活用できる社会資本を整備し、「速やかで最適なモードチェンジ」を行えることが重要です。フェーズフリーやマルチベネフィットの観点からのまちづくりやインフラ形成を進めることで、二重投資を回避し、「平時の社会効率性と緊急時の頑健性」の両立を可能にしていきます。