bonds

Theme :

多様性の尊重とつながりの確保

最適なコミュニティ、
望まない孤立がゼロの社会へ

誰もが自分らしく多彩なコミュニティに参加できる社会

今後、デジタル経済圏が拡張して現実×仮想の世界が広がっていくと、コミュニティの在り方も変わります。今より多種多様なコミュニティが生まれ、誰もが自分らしく複層的にコミュニティへ所属できるようになるでしょう。 加えて、コミュニティ参加と変更がフリクションレス(摩擦やイライラなし)になり、コミュニティを入れ替え続ければ、持続的なツナガリも確保され、望まない孤立から解放される社会になっていきます。

コミュニケーション技術の進化により、他者と意識共有でき「複数ライフ」を楽しめる

視覚や聴覚に加え、触覚・味覚・嗅覚まで五感全体を用いた「経験共有技術」や、脳活動計測による「非言語的コミュニ—ション」が実装されれば、他人や他種への深い理解が実現し、イノベーション創出に向かう新結合が生まれます。 いずれは人だけでなく、犬やイルカといった他種との気持ちの共有や、複数の人が意識を共有して一つのアバターを操作することも可能です。人生は単一単線ではなくなり、犬との人生や複数の人と共有するアバターの人生など「複数ライフ」が楽しめるようになります。結果、自分ゴト化できる範囲は広がり、人や環境への思いやりに溢れた社会が到来するのではないでしょうか。

Content Updates

研究のアップデート

「最適なコミュニティ、望まない孤立がゼロの社会」の実現に向けて、MRIではKeyとなる技術や仕組み、その社会における新たな課題や対応する課題について検討しています。

ツナガリを科学し、孤立リスクをマネジメントする

「どうすれば望まない孤立から脱却できるか?」に関しては個人差、研究に必要な時間軸、現実に孤立した場合はアプローチが困難になる等、頭を悩ます課題が山積しています。これに対してデジタル化の進展を活用し、「個々のツナガリ状態を可視化」することで、健康診断と同レベルの「孤立リスク診断マネジメント」の構築が可能となります。 さらに、誰もがツナガリ資産を築き維持できるべく、テクノロジーや個人情報、ナッジ理論なども合わせて議論、模索していきます。

「経験共有技術」による新次元のイノベーションプラットフォーム

五感を用いた経験共有による他者の意図や感情への「肌感を持った深い理解」や、AIプロデューサー等による「価値観や経験が違う人たちの新結合」の加速を実現し、新たなイノベーションに満ちた豊かな社会基盤を推進します。一方で、経験共有はメンタルに影響を与え得るため、倫理面や規制に対する議論も行っていきます。

他人や他種との新結合、人生は拡張する

犬やイルカ、樹木など他種との意識共有や、複数の人が一つのアバターを操作するためには、意識の共有技術に加えてアバター等の「シェアリングプラットフォーム」が必要です。この分野はまだ基礎研究の段階ですが、脳神経科学やVRなど「異分野融合の研究開発」も加速させたいと考えています。