sustainable development

Theme :

地球の持続可能性の確保

100億人が豊かに
暮らせる地球を考える

将来世代の環境資源を毀損しない

経済成長や技術進歩により、私たちの暮らしは物質的に豊かで便利なものとなりました。その半面、豊かで便利な暮らしは人類の生存基盤である「地球環境の悪化」をもたらしています。現在の人類は環境資源を食いつぶす状態を続けており、これから私たちが地球の持続可能性を確保するためには「大量生産/大量消費/大量廃棄型社会からの脱却」が必要です。そのために技術革新はもちろん、経済や社会システム、ライフスタイルなどの抜本的な変革が不可欠になります。

資源ネクサスを踏まえたサステナビリティ

一つの資源に向けた課題解決は、他の資源における課題を引き起こすこともあれば、同時に「複数資源の課題解決に資するシナジー」を生み出すこともあります。例えば、食料生産には多くの水やエネルギーが必要です。今後、効率的な食料生産や環境負荷の小さな食材へのシフトが進めば、水やエネルギーの消費、GHG排出量低減につながります。近年、海洋汚染の原因としてクローズアップされている廃プラスチックの問題についても、石油資源の利用や地球温暖化対策、廃棄物処理、生物多様性など様々な観点から考える必要があります。持続可能な地球環境のためには「各資源のつながりを一つのシステム」として統合的に捉えることが重要です。

Content Updates

研究のアップデート

「100億人が豊かに暮らせる地球環境」の実現に向けて、MRIではKeyとなる技術や仕組みについて検討しています。

DX/BXによる脱資源とロス削減

オンデマンド化やパーソナライズ化による「生産流通ロス」の削減、バイオ技術活用による「再生可能資源」への転換、社会・経済の仮想空間比率拡大による「脱資源化」など、デジタル技術やバイオ技術を活用した技術とサービスの浸透は、資源やエネルギー消費のあり方を大きく変革する可能性を秘めています。これまでの社会には、豊かさと資源・エネルギー消費量の増加に強い相関関係がありました。これから始まるDX(デジタルトランスフォーメーション)とBX(バイオテックトランスフォーメーション)はこれらのデカップリングを可能にするでしょう。そのためには技術の発展に加え、規制緩和や市場整備、消費者の受容度向上など総合的な取り組みが必要です。また、個別最適や部分最適ではなく、社会課題の解決(全体最適)に向かう推進役の存在も不可欠です。

「新もったいない」による価値観と行動の変革

日本には古くから「もったいない」という文化・風習があります。しかし、その多くはまだ使えるのに捨てるのはもったいない、電気の無駄遣いはもったいないという「直感的な判断」によるものです。実際には古い家電製品を長く使い続けるよりも効率のよい新製品に買い替えるほうが省エネになるし、再エネの発電量が多く需要が少ない時間帯には、積極的に電力消費することで出力抑制を回避でき電力の有効利用につながります。このように直感的なもったいないの判断と、実際の「もったいないのズレ」を解消していくことが大切です。人々の意識と行動を環境に正しく優しいものに転換するために、「商品やサービスの環境負荷の可視化」や「生産者と消費者の時間・空間的な隔たりの解消」に向けた取り組みを進めていきます。