healthcare wellness

Theme :

健康維持・心身の潜在能力発揮

心とカラダにいい技術、
誰もが理想を満たせる社会に

人生の物語を自分で選びとる社会に

テクノロジーは、遺伝子や生活行動など広範なデータから、ひとりひとりの特性と環境に合わせて「個別化された予防と治療方法を導く」ことを可能にします。一方で、データから導かれる答えがつねに適切で正しいとは限りません。
人間は誰もが自身を主人公とする物語(ナラティブ)に生きています。人生をどう生きるか、自身が目指すWell-livingを想い描き、「生き方の選択肢」を選びとることが社会でより重要になっていきます。

健康管理はWell-livingマネジメントに変わる

ゲノム情報を用いたがんの早期発見、予防の行動変容支援、オンライン診療や治療、身体と融合するロボット技術、意思決定を助ける対話型AIなど、テクノロジーの発展は私たちの生活をより豊かにすると同時に、生きることの常識に変化をもたらします。
病気にならないこと、ただ治すことを目的にするのでなく、心身の潜在能力を発揮してより良く生き抜くために「マネジメントする」ことが大切です。経済や環境格差によらず、誰もがそれを実現できる社会を私たちは創っていくべきではないでしょうか。

Content Updates

研究のアップデート

「誰もが心身の潜在能力を発揮し、生涯を通じて幸福な生活を送ることができる社会」の実現に向けて、MRIではKeyとなる技術や仕組みについて検討しています。

テクノロジーの進化で健康の概念を変えていく

 現在、日本人の死因一位であるがんはテクノロジーにより克服できる可能性があります。オンライン診療がインフラとして普及する未来社会では「セルフ検査キット」や「遠隔診断・治療技術」が進展し、自宅で様々な医療サービスを受けられるようになります。「身体拡張技術」や「環境のロボット化技術」が実用化すれば、高齢者の生活も様変わりするでしょう。病気になる方が珍しくなるかもしれません。
テクノロジーの進化と発展は私たちの生き方、死生観に変化を迫ります。健康に対する概念をどのようにアップデートしていくべきか、関連するテクノロジーと合わせて研究、提案していきます。

持続可能な社会保障制度を

 団塊世代が75歳を迎える「2025年問題」、高齢者人口が4,000万人のピークを迎える「2040年問題」が迫ってきます。テクノロジーと共存し誰もが理想のWell-livingを満たせる社会の実現に向け、「医療の質への評価」「軽度疾病の保険免責」なども視野に入れた、社会保障制度改革を含む大きな転換へ検討を進めていきます。

変化に先駆けた社会受容性の向上

 新しいテクノロジーの社会実装や仕組みの変更など大きな局面においては、倫理面や制度面のみならず、「社会受容性」に関する議論の成熟が重要です。社会実装の前に広範なステークホルダーを巻き込み、活動に反映するRRI(Responsible Research and Innovation)のフレームワークを導入し推進していきます。